アートメイクをしてメイクの時短に成功

気軽にできたアートメイク

念願かなって眉毛のアートメイクをしてきた不自然にならないか不安だったが自然に綺麗に仕上がるメイクの時間が大幅に短縮できるようになった気軽にできたアートメイク

そもそもアートメイクというのは余り決まった定義がなく、顔や全身、そもそも体以外でもアートメイクと言えるので、大まかな言葉として使われている印象を持っています。少々タトゥーに憧れを持っていた時期もありましたが、やはりタトゥーを入れてしまうと生活に支障が出る、という警戒があったので、懸念していた部分がありました。でもこのアートメイクは体に色を付けても数年経つと消えてしまうようで、タトゥーよりもとても気軽にできるおしゃれだと思いました。なぜに色が抜けてしまうか気になり聞いてみましたが、色を入れている部分は新陳代謝を繰り返している部分らしいです。いくらタトゥーではないからと言って、施術する際に痛みがあると嫌なので、一応相談はしてみましたが、意外にも「痛みは余りない」という答えが返ってきました。てっきり痛みなんて当たり前といった感じかと思っていましたが、サロンで施術した際にも実際にも痛みは感じませんでした。痛みの有無で心の持ちようがかなり変わるので、安心した状態で施術を受けることができました。施術自体に痛みがないというわけでなく、麻酔的な感じのクリームを先に塗られました。そのおかげで痛みは感じず、弱にくすぐったいと思うシーンもありました。